コラム一覧

EMSトレーニング関連コラム

EMSトレーニングはダイエットに効果的?体験談いろいろ

つけているだけで何もしなくても痩せられる、ダイエットに効果的、と通販番組や口コミでも評判のEMSトレーニングですが、実際に使ってみた人はどんな感想を持っているのでしょうか。本当に効果があるのでしょうか。EMS機器もいろいろなものが発売されていて価格も様々ですが、その原理はどれも同じです。EMSトレーニングの原理と、その効果と使い心地などの体験談をご紹介します。参考にして、ダイエットにEMSトレーニングを最大限に生かしていきましょう。

EMSトレーニングダイエットの効果

まずは、EMSトレーニングの原理からお話しします。EMSとは、Electrical Mascle Stimulationの略で、本来、脳の指令で動かす筋肉を、直接電気の刺激を与えることで筋肉を収縮させ、それによって自分で意識して筋肉を動かさなくても筋肉を鍛えたり、脂肪を燃焼したりできるというものです。また筋肉が鍛えられ、増えることで基礎代謝量が上がり、太りにくい体質に変えていくことも可能です。元々はスポーツ選手がけがをしてトレーニングできない時のリハビリなどに使われていたものですが、自発的に運動しなくても運動効果が得られることから、運動が苦手だったり、運動に時間を割けない人達にも注目を浴びています。

やり方はとても簡単で、腹筋など鍛えたい部分にEMSトレーニング機器を装着して、微弱な電流を流すだけです。腹筋に装着するタイプのものが多いのですが、脚やお尻などその他の部位にも装着できるものもあります。運動する時間が取れない人に適しているのは、これを装着したまま家事や仕事など、他の作業を続けることができるからです。

付けているだけで筋肉は収縮し、それなりに筋肉を引き締めることはできますが、ダイエット効果を狙うならやはり、運動と組み合わせることをおすすめします。EMSトレーニングなら電気の力で筋肉の収縮が助長され、普通に筋トレを行うのに比べると9倍くらいの効果があり、効率的に鍛えることができます。そして痩せるために脂肪を燃焼したいということならば有酸素運動を組み合わせることが効果的です。

とにかく体重を落としたいという場合には、直接脂肪をエネルギー源とする遅筋を多く使う有酸素運動を組み合わせるのが効果的です。EMSトレーニング機器を装着して軽いジョギングやバイク、ウォーキングなどを行うことで酸素が多く取り入れられ、脂肪燃焼効果がアップします。家庭内では階段の昇降なども有酸素運動といえるでしょう。

しかしながら有酸素運動では、脂肪と同時に筋肉までエネルギー源として使ってしまうというデメリットがあります。そのため、引き締まったメリハリのある体型をつくり上げるのにはあまり向いていません。

身体の各部位をシェイプアップをして、理想の体型を目指したいのならば筋トレを組み合わせるのがよいでしょう。ちょっとキツイと感じるくらいの筋トレで主に使う速筋は、糖をエネルギー源とします。糖がエネルギー源として分解されるとき、脂肪を燃焼します。筋肉は重いので体重を減らすにはあまり向いていませんが、筋肉が鍛えられれば基礎代謝が上がり、結果として痩せやすく太りにくい体質を手に入れることができます。

筋トレはキツイというイメージですが、EMSトレーニングならたった20分の運動でも3時間筋トレを行ったのと同等の効果が得られるので、運動が苦手で体力に自信がない人でもがんばれます。時短で運動できるので忙しい人にもおすすめです。

EMSトレーニングの口コミは?

EMSトレーニング機器はものによっては高価なものもあるので、宣伝文句だけを信用して買ったものの、効果は感じられなかったということでは困ります。実際、EMSトレーニングを行った人の体験談はどんなものが多いのか、気になるところです。

ある30代女性の口コミでは、EMSトレーニング機器を装着し始めて3週間、同時に、間食をしない、夕食を早めにとる、食べ過ぎないという、軽めの食事制限を心がけたところ体重が3.6㎏ほど減ったそうです。気になっていたぜい肉が少し締まり、横になってもぜい肉がだらりとしなくなってきたとのことです。体重が落ちたのはきっと食事にも気をつけたからでしょう。落ちにくい下腹部がやはりなかなか痩せませんが、続けることが大事です。

また、別の30代男性は、業務用の強力なEMSを使用して、腹直筋と腹斜筋を刺激することでウエストまわりのダイエット効果アップに成功しました。高周波の刺激を与えることで振動を身体の奥にある遅筋という筋肉にまで伝えることができます。いわゆるインナーマッスルを刺激することで脂肪燃焼効果が上がり、体重減少効果もアップします。逆に低周波の刺激では速筋に働きかけ、狙った部位を引き締めたりといった効果があります。

低周波の刺激でサイズダウンしたという体験談は多く、ある20代女性の話では、4枚のパットが付いているタイプのもので、2~3か月で体重はほとんど変わらなかったものの、大幅なサイズダウンが出来て、以前のショートパンツがブカブカになったそうです。

いずれにしても成功した人の口コミをみていると、やはりEMSトレーニング機器を装着するだけでなく、筋トレや有酸素運動を組み合わせたり、食事に気をつけたりということによって効果があらわれやすいということがわかっています。

食事制限と組み合わせて効果アップ!

EMSトレーニングでダイエットに挑戦するも、成功せず終わる人には原因があります。原因のひとつは、EMSのみに頼り切って、装着しても全然運動せず、食事も不規則に食べているという場合です。やはり、筋肉に刺激を与えて脂肪を燃焼しているとはいえ、カロリーオーバーした食事を不規則にとっていたのでは全く効果は表れません。大切なのは運動と、食べるタイミングと食事の質です。

ダイエット中でも、空腹のまま運動するのは貧血などの原因になりよくありません。空腹の場合は運動の1時間以上前に消化の良いものを食べておきます。また、運動したからと安心して甘いものなど余分に食べたくなりがちですが、運動後は特に栄養を吸収しやすくなっているので、質の良い食事を心がけます。質の良い食事とは、良質のたんぱく質をバランス良く取ることです。

運動によって損傷した筋肉を補修したり、筋肉を増やしたりするには脂肪が少なめで良質のたんぱく質を含む肉類、乳製品、卵、などを取ることが大切ですが、たんぱく質だけ大量に摂っても、体に取り入れられなければ意味がありません。たんぱく質の吸収を助けるビタミン・ミネラル類をバランスよく摂ることと、効率よくエネルギー源になる炭水化物を適量摂るようにしましょう。

まとめ

EMSトレーニングのイメージとして、お腹などに装着したままゴロゴロTV など観ている姿が描き出されるなど、ラクして痩せられると思う人が多いようですが、しっかり効果を上げようと思うのなら、運動などを組み合わせることがポイントです。そして、もうひとつのポイントは継続することです。効果が現れるのには1か月~3か月くらいは最低でも必要です。休息日も入れながら週2~3日くらいがいちばん良いようです。モチベーションを維持するためにジムなどに通うのもいいかも知れません。自分なりの工夫をして日常に取り入れてしまいましょう。