コラム一覧

EMSトレーニング関連コラム

EMSトレーニングダイエットの特徴とはどの様なもの?効果はあるの?

「EMS」とは、ここ最近ダイエットの代名詞の様に良く聞く名前となりましたが、実際の所「電気を使う」という事以外は、どの様な仕組みでどの様な特徴を持ち、また、どの様に効果が現れるのかを良く知っているという方は、意外に少ないのではないかと思います。詳細を知らずして挑戦するのは不安だと感じている方の為に、簡単な基礎知識や、このダイエットの基本目的である「筋肉量を増やす事で痩せやすい身体を作る」事について解説致します。

 

EMSトレーニングダイエットの特徴

EMSとは、日本語で「電気により筋肉を刺激するもの」という事です。通常は脳からの微弱な電気刺激を受けて筋肉は動きますが、EMSは脳を介さず直接、筋肉を動かします。つまり、本来は自らの意志で筋トレを行う所、意志とは無関係に電気刺激を与えて筋トレさせる訳です。

EMSはダイエットに不可欠と言われる体の奥にあるインナーマッスルの強化に効果的であり、インナーマッスルは別名「遅筋」と言われ脂肪を効率良く燃焼させる為に必要です。因みに、遅筋を鍛えるには深く届く「高周波EMS」が必要で、業務用のEMSは周波数が高く、家庭用EMSは周波数低めというのが一般的だそうです。

ただ、高周波で鍛える遅筋はなかなか見た目に変化が現れず、痩せないと感じてしまう人も多い様です。逆に低周波は表面に近い筋肉を鍛えるので変化が分かり易いという利点があります。

他にも自分の意志で動かしにくい筋肉に刺激を与えられるので、部分痩せも目指せると言う事です。

 

どの様な効果があるのか

体験談等で多いのは「血行が良くなった為か、冷え性・ムクミ・便秘が解消された」という報告です。これらは血行が改善され基礎代謝が上がった事に依る、内側からのダイエット効果と言えるでしょう。

基礎代謝が上がれば太りにくい身体になり、また、筋肉収縮運動を続ける事で筋肉量も増え皮下脂肪燃焼、カロリー消費も始まり、やがてタルミも解消されます。そうなって来ると体のバランスが良くなりますから動きやすくなり、更にパフォーマンスが向上してサイズダウンに繋がるという事です。結果として、全体的に引き締まった外見になります。同体重の人でも筋肉量の多い方が引き締まった印象になるので、見た目の違いは歴然ですね。

しかも、通常の筋肉トレーニングでは鍛えにくい遅筋や腹斜筋を鍛えられるので、姿勢が良くなり、また基礎代謝が上がるという好循環が生まれます。単に痩せるというよりも、この好循環を手に入れられるという事が、最大の効果なのだと思います。

 

更に有効的に行う為に

効果は間違いなくあるにしても「早く結果が欲しい」と思うのが人間でしょう。そこで、変化を極力早く実感したい人にお勧めなのが「有酸素運動」との併用です。痩せる為の筋肉を効果的につけてくれると言います。

ジョギング・散歩・ラジオ体操等、色々ありますが、嬉しい事に、家事や買い物を利用するといった簡単なものや「腹式呼吸」でも効果はあるそうです。もちろん、筋肉トレーニングとの併用も実に効果的であると言われています。

この併用は、日本や米国大学での実験結果が報告されており、筋肥大、除脂肪等に結果が認められているとの事です。しかも最大で2日間も、アフターバーン効果と言って脂肪が燃焼し続ける効果が期待できます。どちらにしても業務用を使用する際には指導者からの指示がありましょうが、家庭用を使用する際にも「ただ寝転がっているだけ」ではなく運動と併用する事で格段と効果は上がる訳ですから、ぜひ試して頂きたいと思います。

ただし、長くやれば良いというものではありません。正しい使用時間は厳守して下さい。筋力アップの秘訣は…筋肉を使った際に壊れた筋繊維の、修復に掛かる時間を与える事です。それにより、壊れる前よりも更に強くなった筋肉を手に入れられます。週に2~3回程度が適当と言う事です。

そして、短期間でやめてしまわない事も重要です。最低でも2カ月はトライしてみて下さいね。

 

まとめ

EMSトレーニングに依るダイエットは、あくまで「トレーニング」と併用でのダイエット法です。本文中でも述べましたが「寝転んでいるだけで痩せられる」というダイエットでない事は、理解しておいて頂きたい部分です。

もちろん寝転んでいるだけでも多少の効果はあると思いますが、ダイエットは変化が見えて来ないからと言って延々と続けられるものではないと考えます。やはり何らかの運動と併せてEMSを活用して欲しいと思います。