コラム一覧

EMSトレーニング関連コラム

EMSトレーニングの仕組みとは

EMSトレーニングの仕組みって、皆さんはご存知でしょうか。「電流を流して効果を得る」という情報だけではもったいないんです。仕組みを正しく理解して、従来のウェイトトレーニングとの違いや、メリットを知り、理解してからマシンを使うことで、より高い効果を得ることができるようになるんです。ここでは、EMSトレーニングの仕組みや、知っておくべき情報についてまとめ、分かりやすく解説していきます。

EMSの仕組みとは?

EMSとは、Electrical Muscle Stimulationの略称のことです。この仕組みは簡単に言うと、電流を筋肉に流すことで、筋肉に刺激を与えることで、大きなトレーニング効果を手に入れるものです。電流というと危険なイメージを持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、安全なので安心してください。というのも、人間が普段筋肉を動かすときには、脳から電流が送られることで動いています。EMSトレーニングはこの日常生活で送られるものと同レベル位の電流が筋肉に流されることで、刺激によって筋肉が反応し、筋トレ効果を得ることができるようになっています。さらに、この電流の刺激は、マシンから送られるので、普段の筋トレではできない量を短時間で流すことも可能なものもあり、高い効果を得られることができます。

ウェイトトレーニングとの違い

では、EMSによる筋肉の刺激と、従来のウェイトトレーニングはどんな面で異なっているのでしょうか。EMSの仕組みは、マシンから悪影響の無い範囲で電流を送ることで筋肉に刺激を与え、鍛えていくというものでした。これは、脳からの電流などとは全く関係なく、外部からの刺激によるものなので、通常のトレーニングでは考えられないほどエンドレスで鍛えることができます。従来のウェイトトレーニングは、実際に体を動かすことで脳から電流が送られ、筋肉が反応しています。体力が続く限りトレーニングをおこなえば良いのですが、ずっとは無理ですよね。また、ウェイトトレーニングは初心者が不適切な方法でおこなうと身体を痛めてしまう恐れがあります。しかし、EMSによる筋肉への刺激はそのような失敗が少ない事でも知られています。

EMSトレーニングのメリット

EMSのメリットは、他の鍛え方よりも楽にできることではないでしょうか。ウェイトトレーニングはジムなどに行って自身の体を鍛えるということが主流ですが、辛くて続かないという方も多いように思われます。行きたいのだけれど、日程が合わなくていけないという方もいらっしゃいます。せっかくの高い年会費などを支払ったのに、続かないのではもったいありません。しかし、EMSであれば、その仕組みを搭載したマシンを購入してしまえばいつでもどこでも筋肉に刺激を送ることで鍛えることができます。さらに、電池を充電さえすれば半永久的に使用が可能なので、コストパフォーマンスも申し分ありません。また、従来のような筋肉に刺激を与える手法では身体を痛めてしまうデメリットなどとは異なり、身体への負担も少なく鍛えることができるということが魅力のひとつになっています。

まとめ

ここまで、EMSトレーニングの仕組みを解説し、そのメリットについて確認をしてきました。EMSは普段のように脳から送られる電気刺激とは異なり、外部のマシンからの電流で筋肉を刺激して鍛えるものです。ウェイトトレーニングのように辛いという場合は少なく、継続して使うことができ、身体を傷める心配も少ないのです。もし、ジムかEMSか迷っていらっしゃるのなら、コスパで考えてみるのはいかがでしょうか。比較してより良い選択ができるような情報をお伝えしました。