コラム一覧
ランキング

EMSトレーニング関連コラム

EMSトレーニングでウエストが変わらない?失敗する原因は

せっかくEMSトレーニングに取り組んでみたのに、一向にウエストに効果が出ていないという方が中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

早々に失敗したとあきらめてしまうのは、もったいないです。なぜ成果が出ていないのか、トレーニングの方法なども一度見直して原因を調べてみてはどうでしょうか。また、変化が起きているにも関わらず、チェックをしていない項目があるために、わからないでいるという事も考えられます。

なぜ変化なし?

なぜ、ウエストに変化が出ていないのでしょうか。EMSトレーニングがまったく体質に合わないという方がいる可能性は否定しません。でも、一番に考えられる事は、トレーニングの方法を間違えているか、効果が出ない生活を送っているかです。

そしてもう一つ考えられる事は、効果が出ていても、出ていないと勘違いをしている事です。良くあるのが、体重だけを量っているケースです。EMSトレーニングを始めてからしばらくは、体重に変化は現れません。筋肉の方が脂肪よりも重いため、体重が増加する場合もあります。この事で勘違いをしている方もいるのではないでしょうか。

では、変化を調べるのに最適なものは何かというと、体組成計です。体重計と同様に乗るだけで、体重、体脂肪率、筋肉量、基礎代謝量なども測定できる便利なものです。これで、筋肉量と基礎代謝量をチェックして増えていれば、効果が出ていると言えます。

失敗する人の原因は何?

EMSトレーニングに取り組んでも失敗する人の原因は何なのでしょうか。

まず考えられるのは、機器を正しい位置に取り付けていないという事です。ウエストのどの位置でもいい訳ではありません。EMSトレーニングは筋肉に電気刺激を与えないと効果が出ません。

ウエスト部分にある筋肉は、肋骨から下腹部までの腹部中央にある腹直筋と、腹部の前方と側方つまり前側と外側を覆う外腹斜筋です。この筋肉のある位置にパッドが貼り付けられていますか。正しい位置であれば、一番弱い電気刺激でも感じる事ができます。けれど、筋肉からずれてしまうと、電気刺激を強くしないと感じにくくなります。これを目安に貼る位置を調整すると良いのです。

食生活も見直して!

あるある話で頻繫に出てくるのが、トレーニングをしているから、ダイエットをしているから、これぐらい平気よねとおやつを食べすぎて、結局何にもならなかったという例です。これ、笑い事ではなく、本当に良くある事です。

EMSトレーニングを行うと同時に、食生活も見直してください。きちんと三食、栄養バランスを考えた食事をとるように心がけて、おやつは控えます。おやつは絶対にダメというとストレスでかえって過食になる事もあります。どうしてもお腹がすいた時は、量を決めて食べます。

食生活で大切な事が、適量のタンパク質を取る事です。タンパク質は筋肉を作るのに必要な栄養素です。肉や魚だけでなく、卵や大豆、乳製品にも含まれています。おやつを牛乳やヨーグルト、大豆製品などにするのも良い手です。でも、食べすぎには注意です。

まとめ

EMSトレーニングでウエストに効果が出ない、失敗する原因例をいくつか挙げました。効果が出ないと言っている方、思い当たる点はありませんでしたか?取り上げた例ばかりではなく、他にも原因はあると思います。

ですが、とにかく体組成計で体内部の変化をチェックしてみてください。毎日の数字の変化に一喜一憂しないで、長い期間で見て、数値がどのような傾向で動いているのかを確認してください。体脂肪率が右肩下がり、筋肉量と基礎代謝量が右肩上がりになっていれば、体重が変化していなくても、効果は出ています。長期戦で取り組んでください。