コラム一覧

EMSトレーニング関連コラム

ジム×EMS!理想のカラダになるならコレ!

「自宅で気軽にトレーニング」「運動が苦手な方でも大丈夫」とのふれこみで長期にわたって人気を博しているems機器。家電量販店に行っても多くの種類の商品が並んでいることから、その効果が期待されます。では一体どういう使い方をすることが一番理想の体に近づけるのでしょうか?今回は、ジムに既に通っている方、通うのはちょっと…と思っている方にも必見のジムとemsを組み合わせたトレーニング方法をご紹介します。

emsとは

emsとは「Electrical Muscle Stimulation」の略で、電流を流して筋肉を刺激する機械のことをいいます。もとは医療機器として製造され、筋肉が自分の意志で動かせなくなった高齢者の方へ使用することで筋肉が衰えるのを防いだり、ケガや病気の方への鎮痛作用を期待されたり、リハビリとして使われていたりします。
これを健康な方の筋肉を鍛えることに特化したものが現在市販されているような家庭用機器になります。本来なら自分の意志で動かさなければ動かない筋肉を、体の外部から電流を流すことによって刺激を与え動かすことができるので、疲れを感じることなく筋肉を動かすことができます。現在の研究ではemsを使用するだけでもウエスト引き締め効果が挙げられるとの結果も出ていますが、運動と併用することで更なる相乗効果を生みだします。

ジム×emsのメリット・デメリット

今回は、ジムに通いながら自宅で腹筋ベルトなどの機器を使用することではなく、emsを使用したトレーニングをしているジムに通うことを指してご紹介します。そのメリットとはズバリ、時短。電流を流すという性質から長時間にわたって使用することはあまりありません。低温やけどや皮膚に炎症を起こす可能性もあるからです。
医療機器として使用される場合は例外になりますが、家庭用機器も一日10分程度の使用を勧めています。実際にemsを使用したトレーニングを行うジムではボディスーツなどトレーニングに使用するものはほぼ貸し出し、身一つで行けることが多いのも特徴です。
トレーニングスーツへの着替えの時間などを省けば実質トレーニングは30分未満がほとんどです。デメリットとしては、ハイテクなシステムとなるためか、料金が高い。かかった時間を考えてみると高く感じる方もおられるでしょう。

実際に行ってみよう

emsを使用したトレーニングを行っているジムを2つご紹介します。まずはあのSIXPADを使った「SIXPAD Station」クリスティアーノ・ロナウドとの共同開発によりその名をしらしめた「SIXPAD」と独自プログラムの動作を併せ、たった15分で全身をバランスよく鍛える近未来型のジムです。
代官山に1店舗あり、料金体系は、初回体験4000円、1回8000円、マンスリー会員もあります。すべてのコース料金に施設利用からスーツ貸し出しまでが含まれています。
もう一つはホットヨガスタジオLAVAを運営する株式会社ベンチャーバンクがオープンさせた「Evolv(エヴォルブ)」こちらも専用スーツを着てemsと20分の運動を組み合わせたプログラムを用いています。都内6店舗あり、店舗によって料金が違います。体験レッスンは4000円で、入会すると入会金30000円、月額の施設利用料とレッスン料金が別途かかります。

まとめ

理想の体を作る!とは言ったものの、楽してその理想に近づくことはやはり遠い道のりです。とは言え、そもそも運動をあまりしたくないのにも関わらず、ジムに通い続けることを選択し、辛い運動を定期的に…やってみたものの次第に足が遠のき、ジムの月会費がもったいなくて退会してしまったというのも多く耳にする話ですよね。
そういった方にems機器は自宅で短時間で簡単に筋肉を動かすことができる画期的な機械として使用されています。でもそれだけではまだ理想の体には遠い、そう感じられたら是非ジム×emsトレーニングを試してみてください。飽きやすい方でも飽きる前に終わってしまうような短時間で効果を実感することができるはずです。