コラム一覧
ランキング

EMSトレーニング関連コラム

世界中で使われているEMS機器スレンダートーンとは

スレンダートーンという名前を聞いたことがありますか?テレビなどでも宣伝をしていますので耳にしたことがあるという方も多いでしょう。日本だけではなく海外でも多くの方が利用しているとても人気のあるems機器です。これから購入を考えている方の参考になるように、どのような機器であるのか、どのように使用するものなのかについてまとめていますので気になっているという方は要チェックです!

スレンダートーンとは?

スレンダートーンは世界中で愛用されている身に付けるだけで筋肉を鍛えることが出来る家庭用のems機器です。自分で努力して辛い運動や食事制限をしなくても身体を引き締めることが出来るということで高い人気を集めています。開発したのは医療や理学療法の分野で活躍をしているBMR社で、安全性や機能性が非常に優れているので多くの人に利用されているのです。

もともとemsは筋肉に直接低周波の刺激を与えて自動的に筋肉を鍛えることが出来るようにアスリートのために開発された技術ですが、これに家庭で誰でも気軽に使用することが出来るように使いやすく改善されたものです。運動はなかなか継続して行うことが難しいものですが、忙しい方も運動が苦手な方も続けることが出来て無理なく身体をトレーニングすることが出来る画期的な機器です。

スレンダートーンではどこを鍛えられる

スレンダートーンではお腹や二の腕などの気になる部分を鍛えることが出来ます。お腹を鍛えるためにはアブベルトというお腹に巻くベルトを着けて使用します。 アブベルトは特許を取得している独自設計で作られているベルトで3つのパッドでお腹の正面にある筋肉と、左右の脇腹にある腹斜筋の3カ所の筋肉を一度に刺激してトレーニングすることが出来ます。3つの筋肉を全て鍛えることによってお腹周りを全体的にきれいに引き締めることが出来ます。

強度は10種類あるのですが、150の強度で1日に2回30分ずつ使用することで腹筋を300回分の効果を得ることが出来ます。さらに表面的な筋肉だけではなく奥にあるインナーマッスルまで刺激を届けて筋肉を収縮させてしっかりと鍛えることができます。インナーマッスルを鍛えることによって体幹や身体全体のバランスも整えてくれて内臓の位置や姿勢を正常な位置で維持することが出来ます。

アブベルトの他には腕専用のものもあり、これを装着することで上腕二頭筋や三頭筋に刺激を与えることができ二の腕のたるみなどを効果的に解消することが出来ます。

スレンダートーンの使用方法

スレンダートーンは使用方法が簡単であることも、多くの人に使用されている理由です。まず専用のコントローラーを充電し、保護シートを取り外します。所定の位置にパッドを取り付けて皮膚にしっかりと接触するようにベルトを着用します。コントローラーを接続して強度やプログラムを自分に合ったものに調整します。あとはただ終わるまで装着しておくだけです。

より高い効果を出すためには、腹筋をしたりウォーキングをしたりとその他のエクササイズも併せて行うことをお勧めします。着用したままトレーニングを行うことでより強い刺激を与えることが出来ますし、持久力や体力、基礎代謝の向上にも繋がります。もちろん1日使用したからと言ってすぐに効果の出るものではありませんので、週に5回の使用を目安に最低でも4週間程度は使用してください。

本体やベルト自体は使い続けることが出来ますが、肌に直接接触するパッドに関しては粘着力が落ちてくると低周波が伝わりづらくなってしまいますので効果が出にくくなります。肌にしっかりと密着していないと感じるようになったらパッドを交換するようにしましょう。

まとめ

スレンダートンは、世界中で900万台以上も販売されていて多くの人が利用しているems機器です。安全性や効果の高さも立証されており、信頼して利用することが出来ます。これまで運動をしようとしても中々続かなかった、トレーニングは苦手という方でも装着しておくだけで効果的に筋肉に刺激を与えて鍛えてくれますので無理な運動をしなくても身体を引き締めることが可能です。使用方法もとても簡単ですので誰でも簡単に使用できますし、世界中の人が実際に使用して効果を得ているものですのでこれからems機器のチャレンジしてみたいと思われている方にはとてもおすすめの機器です。

この記事をシェアする