コラム一覧

EMSトレーニング関連コラム

EMSトレーニングの効果を出すなら、まず太ももから始めよう!

EMSトレーニングをしたいと思ったきっかけが何であっても、自分が理想とする体形はあるはずです。理想のボディを必ず手に入れるために、なぜEMSトレーニングをおススメするのか、そのためのアドバイスです。

トレーニングを始めても、効果を感じなかったらすぐにやめたくなってしまいます。早々に挫折しないためには、いち早く効果を感じられる、太もものトレーニングから行うことをおススメします。

太ももから始める理由とは

EMSトレーニングを太ももから始めることを勧める理由は、体の中で一番大きな筋肉があるからです。そもそもEMSトレーニングは、筋肉に電気刺激を与えて収縮させ筋肉量を増やすための機器です。大きな筋肉がある太ももは、EMSトレーニングの効果が出やすい部位ですから、まず始めに取り組むことをお勧めしているのです。

太ももの筋肉と言っても、一つだけではありません。まず前にあるのが、大腿四頭筋、外側にあるのが外転筋、後ろにあるのがハムストリングス、内側にあるのが内転筋と四つもあります。太ももを鍛えるということは、この四つの筋肉を鍛えるということですから、効果が出やすいというのは何となくでもお解りいただけると思います。

効果が出やすい位置は

太ももの四つの筋肉の中でも特に大腿四頭筋が大きく、トレーニングで効果が出やすい筋肉と言われています。トレーニングによって、基礎代謝量が大きくなるので、体の他の部分を引き締めたいと思っている方も取り組むことをお勧めします。

ところで、太ももの筋トレのイメージというとかなりハードなスクワットなど、普段体を動かしていない人間にとってはハードルが高いものが思い浮かびます。もうその時点で「無理!」とあきらめてしまいます。

ですが、EMSトレーニングは専用のパッドを取り付けて、電気刺激を与えれば筋肉の収縮運動が行われます。ハードな筋トレをしなくても同様の効果が期待できるとなると、あきらめが希望に変わりませんか。

毎日の使用は考え物

いくら効果が出やすいとは言っても、毎日同じ場所へのEMSトレーニングの使用は考え物です。

理由としては、筋肉が増えるメカニズムにあります。筋トレは筋肉にダメージを与えます。そのダメージを修復することによって筋肉が強くなっていきます。この修復する時間が大切で、毎日同じ場所に刺激を与えていては修復している余裕がなくなるのです。

また、毎日同じ場所に電気刺激を与えると、皮膚トラブルを起こします。湿布薬を毎日貼り続けるとかぶれることと同じです。でも、太ももには四つの筋肉があります。毎日、違う筋肉に使えば良いのです。前、外側、後、内側というように位置を変えて使用すれば皮膚トラブルも起こしにくくなります。お風呂上りに低刺激のボディクリームなどでケアすることもお忘れなく。

まとめ

EMSトレーニングを始めるにあたって、まず太ももから始めることをおススメした理由を、おわかりいただけましたか?

効果が出やすいトレーニング法であっても、取り組む順番を間違えると思うような結果を出せません。一番良いのは、EMSトレーニングの指導を受けられる専門家がいるジムなどに通うことですが、そういうことができるのは一部の方に限られてしまうでしょう。

自分で機器を利用して挑戦される方は、無理なく安全にトレーニングを続けて、自分が目指すボディを作り上げてください。