コラム一覧
ランキング

EMSトレーニング関連コラム

ダイエットに最適なEMSトレーニングの周波数はどのぐらい

EMSトレーニングの機器を買う時によく目にするのが周波数という数値です。皆さんも何となく数値が高いとダイエットに効果があるのではないかと思っていませんか?基本的にはその考え方で間違いは無いのですが、痩せたい箇所や目的によっては違う機器を選んだ方が良い場合もあります。ここではそうした周波数の違いを中心にそれぞれのダイエット目的に合ったEMS機器やトレーニング方法などを紹介していきたいと思います。

そもそも周波数って何?

理系の人以外は「そもそも周波数って何ぞや?」と疑問に思うでしょう。簡単に解説すると「電気信号が1秒間に発信する回数」を意味します。イメージしやすいのが池に石を投げ込むと波紋が広がります。そして力を込めて石を投げ込むとより多くの波紋が発生します。この池に広がる波紋の数が周波数です。つまり周波数が高いとは強い電気刺激があると考えてください。

強い電気を身体に流しても平気なのかと疑問に思う方もいらっしゃると思いますが、基本的に市販品ではそこまで強い電気刺激は与えられませんので安心してください。専門ジムなどで使用される業務用機器はもっと強い電気を流せますが、専門家が扱っているので危険はありません。ただし痛いぐらいに刺激が強かったら使用を中断するなり、トレーナーの人に相談するなりしてください。

体質にもよるので最適な周波数というのは変わってくるので、使用しながら一番気持ちいいぐらいの刺激になる様に調整していきましょう。非常に稀にですがものすごく電気を通しやすい身体の方もいらっしゃいますので、最初は弱めの刺激から始めて段々と強くしていった方が安全です。

EMSトレーニングでダイエットできる理由

では次になぜEMSトレーニングでダイエットできるのかについての仕組みをご説明します。先ほども書いたようにEMSとは電気的な刺激を筋肉に与える事で筋肉を鍛えるトレーニング方法です。筋肉は伸び縮みすると繊維が切れて、再生するというサイクルが発生します。繊維が切れるというと不安になる方もいらっしゃると思いますが、この事象は普通に生活していても日々繰り返されているので問題ありません。

筋肉繊維とはもともと切れやすい物なのです。具体的に言えば軽くキャッチボールをしただけでも腕の筋肉は大量に切れているのです。筋肉が切れて再生しようとする時にはもっと切れにくい繊維に再生しますので、これを効率的に行うのが筋トレの原理です。

EMSトレーニングに話を戻すと一秒間に筋トレの何倍も筋肉の伸び縮みが繰り返されるので短い時間でも高い筋トレ効果が得られるのです。筋肉が伸び縮みしたり、再生したりする際にはカロリーを消費しますので、ダイエットに効果的なのです。ただしEMSは筋肉を作る事を重視しているトレーニング方法ですので、他にもジョギングをしたりストレッチをしたりしてカロリーを消費するトレーニングも同時に行っていただいた方が効果が高まります。

同じ運動をするのでも筋肉が多い方が消費カロリーが増えますので、EMSとジョギングなどを組み合わせるのは非常に高い相乗効果を生み出してくれます。大体の目安ですがEMSを20分行ったら、ジョギングなどを1時間程度していただければ十分です。付け加えるのであればお腹などの上半身をEMSで鍛えるのなら、ジョギングやスクワットなどで下半身を鍛えていただくと全身満遍なくトレーニングを行う事が出来ます。

周波数が選べる商品もある

EMSトレーニングの機器はネットショッピングやテレビの通販番組などで良く紹介されています。実際に色々なメーカーが沢山の商品を販売していますので、どれが良いのか迷ってしまう事も多いと思います。そこでおすすめのEMS機器の選び方についてご紹介したいと思います。

基本的には値段と性能を勘案して選んでいただく事になりますが、機器の種類だけでもパッドを張り付けるタイプや腕に巻き付けるタイプ、変わった所ではグローブ型の商品もあります。一番使い勝手が良いのはパッドを張り付けるタイプです。このタイプならお腹・腕・太ももなど様々な箇所で使える万能タイプと言えるからです。どこかを重点的に鍛えたいという目的が無いのであれば、取り敢えずパッド型を購入する事をおすすめします。

もう一つ重視していただきたいのが、周波数の強さを変更可能なタイプにしていただくと後々便利です。すでにいくつかEMS機器を購入されている方ならどのぐらいの刺激が自分に合っているかお判りなので大丈夫ですが、初めて購入されるのなら強さを変更できるタイプにしておくと電気刺激が強すぎたり、弱すぎたりしても変更できるのでお金が無駄になりません。

また後々のお話になりますが、人間の身体は段々と電気刺激に抵抗が付くようになるのです。電気刺激は人間の身体にとってみれば脅威なので、刺激に対抗しようと人間の身体は防衛反応として構造を変化させていくのです。EMSは基本的には危険性は無いのですが、身体はそんな事は判らないので危険を排除しようと抵抗してしまいます。

そのため、段々とですがEMSトレーニングの効果は薄れていきますので、それに合わせて電気刺激を強くできる製品を購入しておくと長く使用する事が出来てお得なのです。

ダイエットに効果的な周波数

それではダイエットに効果的な周波数はどのぐらいかについて解説します。基本的には一番弱い低周波と呼ばれる20ヘルツぐらいでも効果はあります。もちろんより高い高周波でトレーニングしていただいた方が短期間で効果が出るのですが、時間的な余裕があるのであれば低周波でも十分です。

お値段的にも低周波のEMS機器の方がお安くなっておりますので、最初の1台は低周波のEMS機器で十分だと思います。もしその機械で満足できなくなったのなら、より効果の高い機器を購入すればいいので、最初から高額な機器を購入する事はあまりおすすめではありません。

ダイエットで一番怖いのは意気込んで高額商品を買ったけれども結局面倒くさくなって使わなくなってしまうパターンです。今までも様々なダイエット機器が登場しましたが、今でも愛用しているという方は少数派なのではないでしょうか。

ですのでまずはそこそこの性能の機器を購入していただいて、EMSトレーニングが気に入ったのならより専門的な機器を購入したり、専門のジムに通ったりしていただくのが一番無駄が無い方法だと思います。

これはダイエット全般に言えるのですが、使わない機器ほどお金とスペースの無駄遣いになる物はありません。EMS機器はあまり大型ではありませんが一昔前に流行った大型の健康器具は今では殆どのご家庭で邪魔になっているのではないでしょうか?

まとめ

EMSトレーニングでダイエットを行うのに最適な周波数を中心に効果的なダイエット法などをご紹介いたしました。EMSはお手軽に始められて、機器もほとんどが小型のものになりますので、興味を持ったら試しに始めてみるのにうってつけのトレーニング方法です。

しかもお腹や腕、太ももなど色々な部分で一台機械を購入すれば全て使用可能な便利なトレーニング方法ですので、この機会に全身のシェイプアップを図ってみてはいかがでしょうか。