コラム一覧
ランキング

EMSトレーニング関連コラム

男性のダイエットにはEMSトレーニングが効果的!

EMSトレーニングは寝ながらでも痩せられるとテレビでも盛んに宣伝されています。ダイエットと聞くと女性向けのイメージがありますが、実はEMSを使う場合には男性の方が効果があるのです。

EMSの仕組みを簡単に説明すると電気で筋肉を刺激して筋トレを行うトレーニング方法です。筋肉を付ける場合、女性よりも男性の方が筋肉が付きやすい傾向にあるので、EMSトレーニングの効果が高くなるのです。

 

「痩せたい」から「ムキムキ」まで目的別EMSトレーニング

EMSトレーニングは自宅で行えるお手軽なものから高価な業務用機器を使った本格的な筋トレまで色々な方法があります。ただ単にダイエットとして痩せたいのであれば家庭用の機器でも十分な効果が見込めます。逆に徹底的に筋肉を鍛えてムキムキの身体を手に入れたいという方には専門のジムに置いてあるEMS機器を利用したトレーニングをおすすめします。

このように目的やご予算に合わせて様々な選択肢を選ぶ事が出来るのが、EMSトレーニングの良い所です。また肥満の方がいきなり運動を始めるとケガをしたりする危険があるので、本格的な運動を始める前に「運動しても大丈夫な身体」を作るためにEMSを活用していただくと、無理せず安全なダイエットが可能なのでお試しください。

男性は女性に比べて全体の筋肉量も多いですし、その伸びしろも大きいのです。もちろん女性でも筋肉質な方はいらっしゃいますが、全体的な傾向として女性はあまり筋肉が付きにくいという性質があるのです。これは人間という種族が有史以来培ってきた男が狩りをして、女が家を守るという生活スタイルから出来上がったものなので、そういうものだと納得してください。

 

痩せたいだけなら寝ててもOK!

先ほどの話の続きになりますが、筋肉量が多いと基礎代謝といって一日の生活に最低限必要なエネルギーも増える事になります。そのため男性は女性に比べると脂肪が付きにくい身体を持っているのです。簡単に言えば「食べてもエネルギーを消費しやすい身体」なのです。基礎代謝と筋肉は基本的に比例関係にありますので、筋肉を付ければ付ける程、痩せやすい身体になると思っていただいて間違いありません。

特にEMSトレーニングは寝ながらでも筋肉を動かすので、筋肉を動かすためのエネルギーも自動的に消費されると考えていただいても間違いではありません。EMSを20分でも行うと何時間分もの筋トレを行ったのと同じ効果があるとも言われております。

ただし寝ているだけで行うEMSトレーニングはあくまでも最低限行ってほしいトレーニングだと思ってください。ダイエットの効果をより高めるには他の運動などを同時に行っていただいた方が、当然ですがより効果的なトレーニングを行う事が出来るのです。

 

合間にストレッチも挟むとより効果的

EMSは寝ながらでも行えるトレーニングですが、ただじっと寝ているだけというのも少しもったいないと思いませんか?もちろん普段の生活が忙しくて寝る前の数十分しかトレーニング時間が取れないという方もいらっしゃると思います。

一番良いのはEMSと同時にジョギングなどを行っていただくと効果的なのですが、そうした時間が取れない方やジョギングとかは面倒くさいという方におすすめしたいのが、EMSをしている間に行っていただくストレッチ法です。

EMSはお腹や腕などピンポイントで鍛えたい筋肉を鍛えられるトレーニング方法なのですが、ピンポイントゆえに他の部分の筋肉が鍛えられないのです。そこで例えばお腹や腕などの上半身をEMSで鍛えている間に腰や脚のインナーマッスルを鍛えるストレッチを行っていただくと、腰痛などの予防にもなって効率的なのです。

方法はとっても簡単です、まず寝た姿勢で片脚を持ち上げてください。角度は大体45度ぐらいで十分です。脚を上げたらつま先を遠くに伸ばすイメージで脚全体をグーっと遠くに伸ばしてみてください。その状態でつま先でなるべく小さい円を描くように何回か脚を回してください。右回りと左回りを同じ回数だけ回すだけで脚のインナーマッスルが鍛えられます。

次に腰のインナーマッスルを鍛える方法ですが、まず両足を屈めてその内側に両手を回してください。イメージしやすいのは寝ながら体育座りの格好になった感じです。そのまましばらくその体勢を維持してください、それだけで腰から背中にかけてのインナーマッスルが鍛えられるのです。ちなみにこの体勢は腰痛改善の効果もありますので、ぜひ寝る前の習慣に取り入れてみてください。

 

肉体美を求めるなら本格的な機器が必要

今までは家庭用のEMS機器で出来るトレーニング方法でしたが、業務用のお高い機械だともっとすごいトレーニングが出来ます。ちなみに業務用EMS機器のお値段は数十万円もしますし、結構大型で場所を取りますのでトレーニングマニアの方以外はジムなどに通った方が断然お得です。

家庭用と業務用のEMS機器の何が違うのかというと発生させることのできる周波数が3倍ぐらい違うのです。いきなり周波数と言われてもピンとこないと思いますので、具体的にどんな違いがあるかをご説明します。

家庭用のEMS機器は基本的に表層の筋肉しか鍛える事しかできません。そのため先ほども身体の深い所にあるインナーマッスルを鍛えるための方法をご紹介しました。業務用のEMS機器は表層の筋肉もインナーマッスルも両方鍛える事が出来るのです。なぜかというと周波数が高いと表層の筋肉を通り越してインナーマッスルまで電気刺激が到達するため、両方の筋肉を鍛える事が出来るのです。

 

自宅では難しいので専門のジムに通おう

業務用のEMS機器を使えば効果的なトレーニングが出来る事がお判りいただけたと思います。専門ジムには色々なタイプのEMS機器がありますので、鍛えたい部位や好みに合わせて専門のトレーナーがアドバイスをしてくれます。

さらにEMSトレーニングと合わせて筋トレ用の機材を置いているジムもありますので、上手く活用すると短期間でボディービルダーのような筋肉を手に入れる事も可能です。もちろんダイエット目的の男性も専門ジムに通われた方が高い効果を得る事が出来ます。

自宅でトレーニングを行う際に一番障害になるのが、ついサボってしまうという問題です。自宅でのトレーニングは最初に機器を購入すれば後は特に費用は掛かりませんので、お手軽に始められるのが良い所です。しかしお手軽ゆえに一旦サボりだすと段々面倒くさくなってやらなくなってしまう恐れがあります。

その点ジムなら継続的にお金が必要ですが、その分お金を無駄にしないようにという意識が働くので、トレーニングを続けやすいのです。さらにトレーナーさんやジムでお友達などを作っておくとその人たちに会うためのジム通いは、続けようと思いますのでその点もジムに通うメリットの一つでしょう。

 

まとめ

男性のダイエットにMSトレーニングが効果的な理由について解説いたしました。女性に比べると男性は比較的肥満に対して関心が弱いように思われます。しかし肥満は「万病の元」と言えるほど多くの病気の原因になります。

いわゆる生活習慣病の根本的な原因のほとんどが肥満や運動不足であると言われております。健康的な生活をいつまでも送りたいのなら、肥満の抑制や適度な運動は欠かせないのです。EMSトレーニングなら時間が無くても無理なくトレーニングできますので、この機会に一度お試しになってはいかがですか。

この記事をシェアする