コラム一覧

EMSトレーニング関連コラム

EMSトレーニングで腹筋ケア!成功例&失敗例

EMSトレーニングは、フィットネス業界に大きな衝撃を与えた1990年の初登場から、ドイツ発のEMSボディスーツなどに代表される最新機器の登場まで、私たちのボディメイクに常に革新的な変化をもたらしているトレーニング方法のひとつ。カラダの中でもお悩みを抱えている方が多いだけではなく、なかなか自分では鍛えるのが難しいと言われる腹筋ケアに取り組む場合におさえておきたい、トレーニング成功例&失敗例についてみていきたいと思います。

 

腹筋を鍛えると気づくこと

お腹まわりの筋肉が衰えている一番身近な例としては、猫背などに代表される姿勢の悪さがあげられます。正しい姿勢を支えるだけの筋肉がないことで、どうしても美しい姿勢を保つことが困難になり、姿勢の悪さやカラダの歪みにもつながってしまいかねません。

また、内臓を支えるお腹まわりの筋肉が衰えてしまうと、内臓をあるべき位置に支える力も落ちてしまい、胃下垂など内臓が下垂する原因になってしまったり、内臓まわりの皮下脂肪を支えられなくなることで、ぽっこりお腹などの問題につながってしまったりということも考えられます。

しかし、EMSトレーニングや筋力トレーニングを活用し、腹筋をバランスよく鍛えてあげることで、誰でも確実に、これらのウエストラインのトラブルを解消することができるのです。お腹まわりの筋肉がアップすると、ウエストラインの見た目が変化するだけではなく、日々の生活の中でも、うれしい変化を実感できるようになります。

例えば、お通じの問題。長年便秘がちだったという方も、下垂していた内臓が正しい位置に戻ることで腸の動きが活性化されますので、知らず知らずのうちに、毎日お通じが来ていたりと、健康的な毎日を送れるようになっていることに気が付く方もいらっしゃるかもしれません。また、広範囲における内臓機能の向上も期待できますので、血行が改善され、冷え性や生理痛なども緩和にもつながります。

 

体幹こそが健康と美容のもと

最近、フィットネス関連の情報誌だけではなく、ファッション誌やメディアなど、さまざまなシーンで目にする機会が増えた「体幹」や「コア」という言葉。中には、実はあまり意味が理解できていないという方や、恥ずかしくて今さら誰にも聞けないというなどという方もいらっしゃるかもしれません。

現在、私たちの心身の健康や美容に大きく関わっていることが解明されてきた体幹。上半身の中でも胴体の部分を指し、胸・お腹・腰まわり・背中・お尻まわりなどのカラダの中心部にあたる部分がまとめて体幹と呼ばれています。その中でも、カラダの中心を支える腹筋と背筋がフィットネスの世界では体幹と呼ばれることが多く、体幹を鍛えることで、内臓機能が活性化されることやボディバランスがよくなり、さまざまな相乗効果が期待されていることが科学的にも証明されてきています。

まず、筋肉を少ない負担で無理なく使えるようになることから、正しい姿勢が意識しやすくなることが大きなメリットとしてあげられます。また、上半身の動きや骨盤付近の可動域が筋肉に支えられスムーズになることで、腰痛予防やひざの痛みの緩和など、下半身のトラブルの改善にも効果が期待できるようになります。そして、体幹にしっかりと筋肉がつくことで新陳代謝アップも望むことができますので、失敗のない肉体改造を目的とする場合はもちろん、ダイエット成功を目的とする場合にも、体幹を鍛えるメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

 

腹筋だけ鍛えればいいと思っていませんか?

私たちの心身の健康に欠かせない力強い体幹。筋力トレーニングにおける失敗やトラブルを回避するためにぜひ知っておいていただきたいのは、お腹まわりを鍛えるだけでは、本当に体幹を鍛えることにはならないということです。体幹を正しく強化していくためには、お腹まわりと背中まわりの筋力のバランスが大切になり、どちらかの筋力が偏ってしまうと、逆にカラダのバランスが崩れてしまうこともあります。

失敗例としては、腰痛の原因になってしまうこともありますし、時には、本来は改善されるべき腰痛が悪化してしまったりということにもつながりかねませんので、注意が必要です。どうしても、体幹=腹筋というイメージが先行してしまうあまり、筋力トレーニングやEMSトレーニングでの腹筋運動にばかり意識が向かってしまいがちになるかもしれません。しかし、腹筋まわりの強化を成功させるためには、腹筋だけではなく、しっかりと背筋や骨盤を支える筋肉群を含む、広範囲の体幹を鍛えてあげることを意識して、日々のトレーニングに取り組むことが大切になります。

また、せっかくのトレーニングを成功例とするためにおすすめなのは、ただの腹筋では鍛えられない深層筋と呼ばれるインナーマッスルを鍛えていくこと。通常の筋力トレーニングでは、なかなか鍛えにくい深層筋も、最新技術を駆使しているEMSトレーニングを取り入れることで、誰でも簡単に鍛えることができます。運動が苦手な方や体力に自信がない方はもちろん、ストイックな筋力トレーニングはしたくないというにもおすすめですので、ぜひ自分に合ったEMSトレーニング機器を探してみてはいかがでしょうか。

 

間違ったトレーニングにならないように

トレーニングを残念な失敗例としないように、何よりも気をつけていただきたいのは、偏った知識や情報に基づいて、やみくもに自己流トレーニングに取り組まないということです。とくに、お腹まわりの脂肪を落としたい、女性らしいくびれを作りたい、ダイエットを成功させたいなど、ウエストラインの変化を目的にしている方の場合は、ダイエットを成功させるためにさまざまな角度から取り組むことが大切になります。

EMSトレーニングを取り入れた腹筋運動のほか、脂肪燃焼を加速する規則正しいライフスタイルを心がけることも大切ですし、しっかり筋肉をつけるためにも、バランスの取れた食生活で体脂肪をため込みにくいカラダづくりに取り組むことも大切です。ぜひ、専属トレーナーなどの知識を活用して、ダイエット成功へのポイントを意識するようにしていただければと思います。

また、カラダの痛みや不調などのトラブルなく、広範囲の体幹をバランスよく鍛えるには、正しいフォームで筋力トレーニングに取り組むことや、首や背骨、股関節などの関節に負担のかからないような自分に合ったトレーニング方法を取り入れることが大切になります。関節に負担なく、確実に結果を出すことのできるEMSトレーニングではこれらの心配もありませんので、ぜひ、体幹強化に役立てていただければと思います。

 

まとめ

悲しくも加齢とともに徐々に衰えていく私たちのカラダ。私たちのカラダの健康のためにはなくてはならないあらゆる筋肉の中でも、普段の生活ではなかなか意識して使うことのないお腹まわりや背中まわりの筋肉は、積極的な筋力トレーニングや運動を意識しない場合、自分では気が付かないうちにどんどん衰えてしまう代表的な筋肉でもあります。とくに、正しい腹筋運動は意外と難しいもの。短時間でも高効率で筋力アップが望める、EMSトレーニングを上手に取り入れて、ぜひ失敗のない「体幹」の筋力アップを狙っていっていただければと思います。