コラム一覧

EMSトレーニング関連コラム

お腹周りが気になる女性におすすめ!EMSトレーニングで腹筋を鍛えよう

身体の中で一番肥満が目立つ部位はどこかというとやはりお腹周りでしょう。EMSトレーニングで腹筋を鍛えてもらえれば、気になるお腹周りの脂肪を効果的に燃焼させる事が出来ます。特に女性は男性に比べて筋肉を付けるのが、難しいとされています。しかしEMSをうまく活用してもらえれば簡単に腹筋を鍛える事が出来るのです。最近お腹が気になる方はぜひこの機会に試してみてはいかがでしょうか。

 

お手軽ダイエットの定番はEMSトレーニング

EMSは電気による刺激を筋肉に与える事で行うトレーニング方法です。もともとは寝たきりの方の筋肉を衰えさせないように開発されたため、寝ながらでもトレーニングが出来るという手軽さが最大のメリットです。

そんな気軽に出来るEMSトレーニングですが、肝心のトレーニング効果も脚を曲げた状態で上半身を動かす「シットアップ運動」などの何倍も効果があると言われております。なぜそんなに効果的なのかといえば短時間で何回も筋肉の伸び縮みを行うので、一般的なトレーニング方法よりも効果があるのです。

基本的に筋トレとは筋肉の伸び縮みを繰り返した回数分だけ効果が上がると考えてください。そのため短時間で筋肉の伸び縮みだけを効率的に繰り返せるEMSトレーニングは優れたトレーニング方法なのです。

さらに基本姿勢は寝ながら行うのが正しいトレーニング方法なので、テレビを見たりしながらでも簡単にトレーニングできるお手軽さも魅力の一つです。時間が無い方でも寝る前の20分間でトレーニングしていただくだけで腹筋が鍛えられるので大変便利です。

 

腹筋だけ鍛えてもダメ

とても便利なEMSですが、短期間でお腹周りをシェイプアップしたいのであれば、同時にジョギングなどのトレーニングを行っていただいた方が効果的です。なぜならばEMSは筋肉を作るためのトレーニング方法なので、脂肪を燃やす効果のあるジョギングなどのトレーニングを行っていただくとより効率的にトレーニングが出来るのです。

もちろん忙しくて時間が取れない方などはEMSだけでも痩せやすい身体を作る事は出来ます。しかしできればEMSと同時に簡単なストレッチ程度でも構いませんので、トレーニングを合わせて行っていただいた方がよろしいと思います。

最低限ですが腹筋をEMSで鍛えるのであれば、下半身を鍛えるためのストレッチも同時に行っていただくと全身満遍なく筋肉を付ける事が出来るので、お腹周りを経こませる効果が高まるのです。

脂肪を効率的に燃焼させるポイントは筋肉量と運動の相乗効果にありますので、出来る限り身体を動かすようにしていただくと、EMSだけでトレーニングするよりも効率が違ってくるのです。

 

お腹をへこませるためには

ではお腹をへこませるのに効果的なトレーニング方法をいくつかご紹介したいと思います。まず最初の注意点としてEMSトレーニングで腹筋を鍛えるのであれば、お腹周りを鍛えるトレーニングは不要です。なぜならばあまり同じ部位ばかりを鍛えてしまうと筋肉を再生させる時間が無くなってしまうので、トレーニング効果を発揮できないのです。

筋肉が出来上がるプロセスを簡単に説明すると筋トレなどで筋肉繊維を一度破壊すると、身体が筋肉を再生させる際にはより強靭な筋肉繊維を作り出すので「破壊と再生」を繰り返す事が筋トレであると言えます。そのため筋トレで筋肉繊維を破壊した部位はしばらくそっとしておいて再生の時間を与える事が必要なのです。

そのため先ほども述べた通り、EMSと同時に行っていただくトレーニングは他の部位を鍛えるジョギングなどがおすすめなのです。特にジョギングを代表とする「有酸素運動」は脂肪を効果的に燃焼させてくれるので、筋トレと有酸素運動を同時に行う事はとても効率的なのです。

有酸素運動を行う際には1時間程度を目安に行っていただくのがよろしいです。有酸素運動はある程度の時間が経過しないとその効果が表れないので、どうしても1時間程度の時間が必要になります。

忙しい方でそこまでの時間が取れないという方には通勤などで移動する際にはバスや電車ではなく、徒歩や自転車の利用を多くするなどしていただければ移動時間で有酸素運動を行う事が出来ますので、ぜひ取り入れてみてください。

通勤も急がなければならないという方にはこんな方法もおすすめです。EMS機器の中にはコードレスタイプの物やお腹に直接貼り付けるタイプの物もありますので、家に帰った後の家事の間はEMSトレーニングを行ってください。家事をするだけでも結構筋肉を動かすので、ちょっとした運動と同じぐらいにはカロリーを消費するのです。

 

なぜEMSトレーニングをおすすめするか

では次になぜ女性にEMSトレーニングがおすすめかについてご説明します。個人差はありますが一般的に男性に比べて、女性は筋肉よりも脂肪が付きやすい体質をしております。そのためどうしても女性は筋肉を付けるのには不利な身体をしているのです。

さらに男性に比べて運動能力でも劣る傾向があり、無理な筋トレを行ってしまうと身体を壊す危険が高いのです。具体例を一つ上げるとするとよく女性は自転車に乗る際に何回か地面を蹴ってスピードを付けてからでないと上手く自転車に乗れない方がいます。これは一回のキック力が男性に比べて低いから起こる現象です。男性なら一回地面を蹴れば安全な発進スピードまで自転車を動かす事が出来ますが、女性の筋力では難しいのです。

別にこれで男女間の優劣を語る訳ではありませんが、男性に比べて筋力という面ではハンデを負っているという事をご承知ください。筋力が無いという事は筋肉を付けるのが難しいと言い換える事が出来ます。そのため女性は男性に比べて筋肉を付けるためには多くの時間が掛かるのです。

EMSを使っていただくとこのハンデをなるべく少なくできるのです。筋肉を付ける際にも元々ある程度筋肉があった方がトレーニングも簡単に出来ますので、一般的なトレーニング方法では男女間で成果に差が出てしまうのですが、EMSなら特に男女間での差が少なくなります。

 

生活習慣も見直そう

最後にダイエットを行う際には生活習慣も見直していただくとより効果的なダイエットが行えます。よく勘違いされやすいのですが、生活習慣を見直す事と食事を制限する事はイコールではありません。もちろん過度の大食をされている方は摂食の必要がありますが、適量の食事を行う事はダイエットだけでなく健康管理の上でも重要です。

特に筋トレによってダイエットを行う際にはむしろ適量よりも多めの食事をとっていただく必要がある場合もあります。なぜかというと筋肉の再生にも栄養が必要だからです。栄養が無いとせっかく再生しようとする筋肉が十分に成長できないのです。

EMSトレーニングを行う際には特に筋肉を作る材料であるタンパク質を多めに摂取するように心がけてください。栄養補助食品で摂取していただいてもいいのですが、一番良いのは肉・魚・大豆のそれぞれのタンパク質をバランスよく摂取していただく事です。

 

まとめ

女性の腹筋を鍛えるのにEMSトレーニングがおすすめな理由を中心に解説させていただきました。お手軽で簡単に出来るのでとても優れているEMSトレーニングですが、やはり一つだけに集中するよりも色々な方法を組み合わせていただいた方が効果が高まります。

何事でもそうかもしれませんが、一つの事に全てを賭けてしまうよりある程度色々な物に分散してもらった方がリスクの分散や効率の面で良い影響があります。ぜひ色々なトレーニングを実践していただいて、奇麗なお腹周りを手に入れましょう。