コラム一覧

EMSトレーニング関連コラム

ダイエットでEMSトレーニングを行う時の成功する方法を教えます

ダイエット目的でEMSトレーニングを始めたけれども上手くいかなかったというお話はネットで検索してみると結構出てきます。なぜ失敗したのかを分析してみるとEMSの特性を理解していないで、流行りだからと始めてみたという方が失敗しやすいようです。

どんな方法でも正しい知識で行わないと成功する事は難しいです。そこでここでは正しいEMSトレーニングの方法を紹介して、失敗しないEMSダイエットをご紹介します。

EMSトレーニングの仕組み

当然ですがEMSは英語を略したものです。正式名称は長くなるので省略しますが、「電気による筋肉刺激」の頭文字を取ったものになります。つまり身体に電気を流して筋肉を刺激する事で運動したのと同じ状態を作り上げて行うトレーニング方法だと考えてください。

実際にEMS機器を使用してみると身体に張り付けたパッドなどからピリピリとした刺激が頻繁に与えられて、筋肉がピクピク動いているのが判ると思います。EMSの感覚を言葉で表すのが難しいのですが、普通に運動するよりもコマメに筋肉が刺激されて動くので短い時間でも効果があるとされています。

例えとしてはあまり適切ではないかもしれませんが、瞬間的に感電する事を繰り返していると考えていただくと判るかもしれません。冬場に静電気で思わず筋肉が痙攣した経験は皆さん一度はあると思います。その静電気が痛くないぐらいの弱さになって1秒間に何回も筋肉に刺激を与えているのです。当然そのたびに筋肉は収縮を繰り返すので、短時間で効果的な筋トレを行う事が出来るのです。

筋肉は動くたびに繊維が千切れます。これ自体は自然な事なので心配しないでください、そうして千切れた筋肉の繊維を修復する過程でより強靭な筋肉組織に再生されるのです。この現象を「超回復」と呼びます。そして超回復を効率的に行うのが筋トレという行為になるのです。

ダイエットに効果的なの?

では実際にEMSトレーニングはダイエットに効果的かをご説明します。結論を先に述べるのなら「効果的であり、効果的でない」になります。矛盾していると思われるでしょうが、順番にご説明します。

先ほども述べた通り、EMSは筋肉を効果的に付ける能力に優れていると言えます。ダイエットの仕方には色々なアプローチがありますが、大きく分けて「摂取するカロリーを減らす」方法と「摂取したカロリー以上に運動などをしてカロリーを消費する」方法の2つがあります。前者のアプローチ法として代表的なのは「炭水化物ダイエット」などの食べない事で痩せようとするアプローチ法です。

それに対して後者は食べる以上にエネルギーを消費して痩せるというアプローチです。EMSトレーニングを分類するならばこちらのアプローチに該当します。ただしEMSは筋肉を付けるのには効果的なのですが、効率的にエネルギーを消費するのには別の方法を組み合わせる必要があるのです。俗に「寝ながら痩せる」と言われる事もあるEMSトレーニングですが、正確には寝てるだけではあまり効果が無いのです。

EMSトレーニングで身に付くのは「効率的にエネルギーを消費できる身体」です。その身体を使って運動すると短い時間でも効果的に痩せる事が出来ます。最初の結論に戻るのなら「EMSは痩せやすい身体を作るのに効果的であるが、EMSだけに頼っていては効果的でない」という事になるのです。

EMSだけではダメ!

ここまでで判っていただけたと思いますが、EMSを過信するのは禁物です。EMSで痩せなかったという失敗談を見てみるとEMSを過信しすぎていて他の運動を行っていない事が多いように思われます。マスコミやメーカーの宣伝を見るとまるで寝ているだけでムキムキのボディが手に入る様に錯覚してしまいますが、それは幻想ですので今すぐ捨ててください。

だからといってEMSトレーニングが全くの無駄という訳ではありません。先ほども説明しましたが痩せやすい身体というのは普通の運動で作るとしたら、下手をすると年単位で時間が掛かると思っておいた方が良いです。もし全く運動をしていない肥満の方が運動する場合は、まず「運動をするための運動」という段階を踏まないといけません。何を言っているのだろうと思われるかもしれませんが、肥満の方が運動をするためには運動してもケガをしないように基礎的な筋肉を付ける行為から始めないといけないのです。

こういうと失礼かもしれませんが、肥満の方の肉体は運動するという負荷に耐えられないのです。例えるなら重さ数十キロの砂袋を全身に巻き付けて飛んだり跳ねたりする所を想像してみてください。まず確実に怪我をする未来が予想できると思います、肥満の方は砂袋の代わりに脂肪という重しを全身に巻き付けているのと同じなのです。ですのでその重みに耐えられるだけの筋肉をまず作らないと、運動すると怪我をするという本末転倒な結果になってしまうのです。

ダイエットが成功するためには

その点EMSトレーニングは寝てても出来るという大変便利な長所があるので、肥満の方でも安全に筋肉を付ける事が出来るのです。そうして筋肉の量を増やす一方で無理しない範囲で構いませんので、家事をしたり通勤でなるべく歩くなど負担が掛からないように慎重に運動量を増やしていきましょう。むしろ激しい運動は控えてください、先ほども書きましたがそうした運動はケガの元なのです。

「私は肥満じゃないから大丈夫」という方でもEMSトレーニングはおすすめです。日常生活で最低限必要なエネルギー量を「基礎代謝」と呼びますが、筋肉量と基礎代謝は基本的に比例関係にあると言えるのです。つまり筋肉量が多ければ普段の生活を送るだけで自然に痩せる事が可能なのです。

ダイエットをする上で最大の敵は「飽きてしまう」気持ちです。つい面倒だから、今日は忙しいからといって段々やらなくなっていった経験はありませんか?人間はしばらく時間が経つと、どうしても面倒くさくなって飽きてしまいがちなのです。しかし日常生活で必要な事を行うのであれば、飽きが来る心配はありません。日常生活で痩せられる身体を手に入れる事が一番のダイエット成功法なのです。

それに一度筋肉を付けておくとトレーニングをしなくなっても筋肉自体はあまり萎みません。もちろんご高齢の方は身体の衰えが早いのですが、60歳ぐらいまでに限ればしばらくトレーニングを怠っていても、再開すればすぐに筋肉を付ける事は可能です。ちなみにですがEMSはもともと寝たきりの方の筋肉の衰えを防ぐ目的で開発されたので、ご高齢の方が筋肉を維持したい時にもおすすめですのでお試しください。

まとめ

EMSトレーニングでダイエットを成功させる方法について解説いたしました。世の中には本当にたくさんのダイエット法があり、どれも効果がありますと謳っています。確かにどの方法でもそれぞれの根拠があり、正しくそれを理解すればダイエットを成功させる事が出来るでしょう。

情報化社会、ネット社会といわれる現代だからこそ、正しく物事の原理や仕組みなどを理解して正しい方法で実践する事が求められています。流行りだから、テレビでやっていたからという曖昧な知識ではなく、自分で調べて納得した方法を選ぶことが必要なのです。