コラム一覧

EMSトレーニング関連コラム

お尻メイクに併用してほしいEMSトレーニング

ヒップラインの引き締めはもちろん、ボリュームアップ・ボリュームダウンと、お尻メイクのお悩みにもいろいろなものがあるかと思います。上向きの引き締まったヒップラインは多くの女性が目標とするものかと思いますし、男性でもたるみきった出っ尻や下半身では、スーツや私服をスマートに着こなすことができませんよね。筋トレ効果に加え、マッサージ効果も期待できて2度うれしいEMSトレーニングを上手に併用して、理想のヒップラインを目指していきましょう。

 

EMSトレーニングで360度ぬかりないお尻を目指す

毎日特別意識しなくとも視界に入ってくるウエストラインやレッグラインとは違い、ヒップラインは、自分では気がつかないうちに変わっていくものでもあります。男性の場合は、ふとした時に自分のスーツ姿を見たら、下半身が予想外にもたついていたなどということもあるかもしれません。また、女性の場合は、何気なく姿見を見た時に自分のたれ尻や扁平なヒップラインにはっとしたというような経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

360度どこから見ても自信があるお尻のために、EMSトレーニングでしっかり鍛えていくべきなのは、大殿筋・中殿筋・小殿筋の3種類の筋肉です。どの筋肉も、股関節まわりの動作と密着に関係しており、私たちの日常生活においても、日々使われている筋肉群となっています。

お尻の大部分を占める大殿筋は、エネルギー消費量も大きく、筋力アップをすることで基礎代謝を大幅にアップすることが可能になります。また、太もも部分の大きな筋肉であるハムストリングスとつながりを持つ筋肉でもありますので、ヒップアップやヒップの引き締めを狙う筋トレをすることで、太ももの引き締めにも効果が期待できます。

魅力的なヒップラインを形成するには、筋肉のボリューム感や筋肉と脂肪のバランス感がポイントとなります。負荷の大きめな通常の筋トレでは、筋肥大の可能性の高いアウターマッスルを鍛えることが主になってしまいますが、負荷の小さめなEMSトレーニングでは、インナーマッスルである梨状筋などを積極的に強化していくことが可能になります。

インナーマッスルはサイズの変化に影響を出しにくいコアの部分の筋肉になりますので、EMSトレーニングを併用した筋トレをすることで、自分の理想とするボリューム作りが可能になるでしょう。

 

骨盤矯正エクササイズとの併用もおすすめ

ヒップラインでお悩みを抱えている方は、おそらく下半身やウエストラインでも何かしらのお悩みを抱えていることが多いのではないでしょうか。その大きな原因とされるのが、骨盤の歪みや股関節の柔軟性の問題です。とくに、骨盤に歪みが生じてしまうと、姿勢の崩れや体のバランスが崩れるだけではなく、O脚やX脚の原因ともなってしまいますし、新陳代謝の低下、腰痛、冷え性、肩こり、頭痛など、意外な症状までを引き起こす可能性があると言われています。

綺麗なお尻のラインを作っていくためには、EMSトレーニングに取り組みのと同時に、下半身の筋力アップのトレーニング、骨盤の歪みをなくすエクササイズや股関節の柔軟性をアップするエクササイズと併用するのがおすすめです。ヒップラインやウエストラインにも大きな影響を与える原因となる、反り腰、骨盤前傾・骨盤後傾などに特化したエクササイズもたくさんありますので、ぜひヒップアップのトレーニングにプラスして取り組んでみることをおすすめします。

股関節の柔軟性に関しては、間違ったエクササイズによるケガの心配などもありますし、素人だけでは判断の難しい部分でもありますので、EMSトレーニングスタジオのインストラクターやフィットネスジムのインストラクターなどに相談しながら、自分の柔軟性や骨格に合ったエクササイズを取り入れてみるとよいかもしれません。

年齢や性別に関係なく、誰でもできるエクササイズとしてぜひおすすめしたいのが、少しのスペースでもできる「お尻歩き」。まず、できるだけ背中をまっすぐに伸ばした状態で長座の姿勢で座り、脚を体の前にまっすぐ伸ばします。ひざを伸ばしたまま、左右の股関節を動かして、1歩ずつ前へ歩き、また一歩ずつ後ろへ戻ってくるだけのシンプルなエクササイズです。

たった1メートル~2メートルほどの短い距離でも、骨盤の矯正や股関節の可動域を広げるのにもおすすめのエクササイズなので、布団の上やヨガマットなどの柔らかい場所でぜひ挑戦してみてください。脚のむくみを解消する効果もありますし、下半身に驚くほどのすっきり感が生まれるので、夜寝る前などに行うのもとてもおすすめです。

 

マッサージも忘れずに

理想のサイズ感を持ったヒップラインを目指すには、EMSトレーニングと併用して、ヒップからウエストのラインのストレッチや骨盤まわりや股関節まわりのコリをほぐすマッサージを取り入れてみるのがおすすめです。

綺麗なヒップラインを手に入れるためのマッサージのポイントとなるのは、骨盤の仙骨・腸骨・尾骨などの骨のまわりを、気持ちがよいと感じる程度の力でマッサージすること。手指を使ったマッサージは意外と難しいので、テニスボールやストレッチポールなどのフィットネスグッズを使った方法がおすすめです。

気になるマッサージ方法はいたって簡単です。床に足を伸ばした長座の状態で座り、お尻の下にテニスボールを置くだけ、または、ストレッチポールの上にお姉さん座りのように座って、体を上下左右に小刻みに動かすだけです。

筋肉がこり固まっている方は、最初は痛く感じる場合もあるかと思いますので、腕で上手に自分の体重を支えながら、痛気持ちよいと感じる程度の力加減で行うようにしましょう。とてもシンプルなマッサージですが、数分軽くマッサージをしてあげるだけで、筋肉がもみほぐされ、下半身全体がリラックスできる実感が得られるはずです。

また、腰痛の改善効果も期待できますし、骨盤を整えることでダイエット効果も期待できます。お風呂上りや寝る前などに時間を見つけて日常的に取り組んでもよいですし、下半身がだるいな、ちょっと今日は疲れたなと感じる日に、念入りにマッサージをしてみるのもよいかと思います。

また、床や椅子に座った状態で片足を曲げて足を組む状態にして、腰から太ももの横のラインを伸ばすストレッチもおすすめです。股関節まわりの柔軟性が低い方は無理をせず、痛みを感じない程度にひざを曲げ、股関節に体重をかけすぎないようにしましょう。ストレッチやマッサージ中もしっかりと深い呼吸を繰り返すことを意識すると、さらなる効果が期待できるはずです。

 

まとめ

デスクワークが多かったり、慢性的な運動不足に陥りがちだったりと、現代人のお尻は意外と凝り固まってしまっているもの。自分ではなかなかマッサージがしにくいヒップラインでは、EMSトレーニングによる心地よい電気刺激がとても気持ちよく感じるはずです。おやすみ前のリラクゼーションとしてもおすすめですし、つらい筋トレなしにヒップラインの筋力アップができるのはとてもうれしいですよね。

ヒップラインや下半身をまとめて鍛えることのできる定番のスクワット運動などと併用して、引き締まったヒップラインを目指していっていただければと思います。